伊豆旅行

今回ブログを担当させていただきます2階ケアワーカーのです。

今夏早めの夏季休暇を頂き、伊豆の白浜海岸や修繕寺へ行き、夏を満喫しました。

その際、人々との触れ合いの中で、我々の法人理念に通じる出来事がありましたので、 観光地の紹介とともに皆さんに披露しようと思います。

まず、修繕寺は涼しい竹林の小怪を中心に散歩を。

都会にはない綺麗な小川と空気、竹林をすり抜ける風は日本ならではの「涼」を楽しむことができました。

2016090901.jpg

途中にある桂橋は縁結びで有名な橋で私も祈りながら渡りました。何を祈ったかは内緒ですE6ED.gif

2016090902.jpg

更に進んでいくと、足湯や御近所の方の笑顔や優しさでほっこり。

その後のわさびアイスも新鮮な味で美味しかったです。

次に白浜海岸では、底が見えるぐらい透き通った綺麗な海と絶景な夕日を見て感動して「うるりっ・・・」E6FA.gif

2016090903.jpg

残念ながら波が高く海の中で遊ぶのはかなりスリルがあり断念しましたが、 イギリス村で夏のお花を見たり、浄蓮の滝の迫力に感動したり…

2016090904.jpg

感情がコロコロと変わり追いつきませんでした。

何より地域の皆様の優しさや笑顔溢れる温かさに何回も助けて頂きました。

迷ってしまった私達を快く案内してくださったり、困ったときにはスッと助けて頂き、 本当に感謝感謝の気持ちでいっぱいでした。

私達の法人の理念に「和顔愛語」「先意承問」という言葉があります。

これらの言葉は、仕事のみではなく、我々が生きていく上で非常に大切なことだと、旅行を通じて改めて感じました。

これからも理念を忘れずに精一杯頑張りたいと思います。


※【法人理念】
 「和顔愛語」和やかな笑顔と愛情のこもった言葉かけ。
 「先意承問」相手から言われない先に相手の気持ちを察し、その望みを満たす。

BBQ チームワークが大切!!

初めまして。今回ブログを担当する4階CWのNです。

ブログは初めてなためお手柔らかにお願いしますE6F0.gif

この度、7月18日の海の日に、専門学校時代の仲間と川へBBQに行ってまいりましたE6F5.gif

写真などがあれば良いのですが、苦手なため撮っていませんE706.gif

さて、BBQと言えばチームワーク連係プレイがとても大切です。

例えば肉を切る人、火を熾す人、椅子やテーブルをセッティングする人等々様々な準備がありますがこれらを誰が何をやるか、やれるか、考えて出来る事を最大限行う事で、美味しく楽しいBBQが出来ると思います。

今回は友達同士だった為、和気あいあいと楽しかったです。(蚊には刺されまくりましたE707.gif


話は変わりますが、私たちの仕事にもチームワークはとても重要です。

利用者様一人一人に、様々な職種の人が付いていますが、この他職種同士の連携を行う事によって、様々な事柄をスムーズかつ深く掘り下げていくことができると思います。

逆に連携が出来ていないと一人にかかる負担が大きくなったり、他職種間の情報で齟齬があり事故に繋がる危険があります。

そのため普段から声を掛け合ったりして、お互いの気心を知る努力を惜しまず、些細な事でも話すことが出来る環境を作る事が、チームワークの第一歩だと思います。

随分と固い話になりましたが、これも普段ブログをやらない私の不徳の致すところ・・・E706.gif

結局何が言いたいかと言いますと、チームワークを作る為には、相手の事をよく知る事。その為にBBQや食事、飲み会等なんでも良いので、素の自分を知って頂く事が大切だと思いますE6EF.gif

結婚式を挙げました

今回ブログを担当させていただく3階CWのAです。

この度5月8日に浦安の某ホテルで結婚式を挙げましたE6ED.gif

全てが初めての事だらけでこんなに緊張したのは、人生で初めてでしたE706.gif

チャペルに入場時に脚の震えが止まらず、少しパニックでしたE722.gif

妻とふたりお互いに緊張で震えており、挙式中終始何がなんだか分かりませんでしたが、それもそれで楽しめましたE6F0.gif

チャペル

披露宴中は、皆と話す機会も多く和やかな雰囲気で楽しむ事が出来ました。

乾杯の挨拶、主賓代表挨拶にとても感動し、今後の為になる話もいただき、
本当にありがとうございましたE704.gif

主任

課長

最後の謝辞では、号泣してしまいましたがとても楽しい結婚式になりましたE6FA.gif

集合写真1

集合写真2

第15回 かながわ高齢者福祉研究大会

こんにちはE702.gif
久しぶりのブログですE706.gif

先日6月2日、みなとみらいのパシフィコ横浜で
『かながわ高齢者福祉研究大会』が開催され、
ワゲン新横浜からは「事例研究発表」部門と「介護技術発表」部門に一組ずつ参加しました。

「事例研究発表」部門は
『美しい姿勢で楽しい生活~円背改善で無限の可能性~』
の題名で数ヶ月にかけて研究を行い、
利用者様の生活の質を上げることができました。

DSC07867_20160602.jpg

DSC07882_20160602.jpg


また、「介護技術発表」部門では『認知症ケア』でエントリーし、
“ユマニチュード” というケアの方法を実践しました。

DSC07799_20160602.jpg

DSC07807_20160602.jpg

DSC07857_20160602.jpg


ちょうどこの日は横浜開港記念日のお祭りで、花火が打ち上げられましたE6F0.gif

DSC07898_20160602.jpg

DSC07899_20160602.jpg

県外研修に参加しました

こんにちは。
ケアマネのKです。
11月25日(水)~26日(木)に行なわれた県外研修に参加してきました。
横浜市内にある(高齢福祉部会所属)施設職員 総勢32名で福島県を訪問し、
福島県社会福祉協議会の方、特別養護老人ホーム2カ所の方から、
東日本大震災当時の体験談・復興への道のり、現在の課題等のお話しを伺いました。

1_detail.jpg


福島県社会福祉協議会 復興委員会事務局長の高木氏は、
震災当時デイサービスを経営しており、
利用者を自宅に送る準備をしている最中に震災にあい、
自宅に帰れなくなった利用者と共に、避難所や県外の施設に避難したそうです。

9_large.jpg


福島県相馬市飯館村にある施設では、計画的避難区域に指定されましたが、
避難するには29ヵ所に分かれなければならない事から、
現在の施設に残る事を決断したそうです。
施設の外に出なければ利用者の安全は守られるとはいえ…
職員は村(避難区域)の外から通わなければならず、
職員確保が難しいため130床ある施設も、現在60床は休止しているそうです。

008.jpg


福島県南相馬市にある施設は震災後、大変な状況を某TV局の放送で訴えた事で、
横浜市の老健から『受入する』との連絡を受け、
法人内の施設利用者総勢229名が9時間かけ避難してきたそうです。

IMGP1717.jpg


皆さんのお話しを伺い、
避難訓練をしていたとしても津波という想定外の事態が起きた事により、
周囲の協力等が得られなかった事や
避難所は私達健常者でも不自由を強いられる中、
要介護者が安全に避難できる体制が無い事を改めて感じました。

そして私達自身も避難するべきなのか、職員として留まるべきなのか…
ましてや日中でなく夜間など限られた職員の中で何が出来るのか…

003.jpg

005.jpg

関東では雨模様だったそうですが、雨から雪に変わった寒さの福島で、
色々考えさせられた研修でした。

『復興道半ば…』と口を揃えて話されていましたが、
とても皆さん元気で頼もしい存在でした。
皆さんも機会があれば是非福島を、
そして東北を訪れてみて下さい。(復興支援の為にも)

私達もがんばっぺ!
プロフィール

Author:ワゲン新横浜
ワゲン新横浜ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR